オフィスの経費削減を

インク

書類は業務を移す鏡です。綺麗な書類は、業務の効率を上げるだけでなく、取引を円滑に進め業績の大きな影響を与えます。キャノンのプリンターを使用する際は、キレイかつ安価で利用継続ができるトナーの使用をお勧めします。

詳しく見る

回線を増設しやすい

電話

ビジネスホンはリースにした方がお得です。大きな会社ほどリースを活用しています。というのも、増設工事がとても楽にできるからです。それに、中古品ではなく新品を安く導入できることもあります。業者をよく比較してみましょう。

詳しく見る

純製品と言う安心感

インク

複合機の代表的なメーカーと言えばキャノンです。消耗品も純正が用意されていますが、トナーはサードパーティー製があり、値段も安く購入できます。純正品以外の消耗品を使うと破損のリスクも高まり、保守の範囲で修理が困難になる場合があります。

詳しく見る

手軽にOA機器導入

女性

「最新機器を導入する前にその使い心地を試したい」「新部署や新事業が始まって費用はないが、電話は導入しておきたい」といった場面にも適応できるのがビジネスホンのリースです。費用の抑制、リスク回避といった点も優れているといえるでしょう。

詳しく見る

純正品の強み

インク

キャノンのプリンター複合機は、トナーカートリッジと一体感を持たせながら開発されたものです。性能を維持し、安心して使用し続ける為には、キャノンのトナーカートリッジを使用し、純正以外のトナーカートリッジの使用を避けることが必要です。

詳しく見る

OA機器の刷新を検討

男性

電話の機能充実を図る

社会人なら誰でも「報連相」の重要性を知っていることでしょう。報告・連絡・相談は社内だけでなく社外とのやり取りにおいても非常に重要です。電子化が進む現代では、メールでのやりとりも重宝されますが、即時に相手の要求が分かる、あるいは自分の要求を伝えられる電話は何者にも代えがたい貴重な存在です。顧客にとってもその会社と直接やり取りできる窓口であり、今後も電話対応がなくなることはまずないでしょう。これらを踏まえると会社にとって電話が非常に重要なツールであることがわかります。ビジネスホンのリース会社が多いことや、そのニーズが高いことからも明白でしょう。ビジネスホンは通常の電話と異なり“同時通話数が多い”“音声ガイダンスに対応している”など、様々な機能を備えています。購入するよりも手軽で安価にビジネス本を導入できるリース機能を利用し「まずはビジネスホンの機能を試したい」「数台は高機能のビジネスホンを置いておきたい」と考える人は多くいるのです。ビジネスホンを選ぶ時のポイントはやはりその機能性で、会社にとってどのような機能が必要かは異なるといえるでしょう。顧客とのやり取りが多い企業では録音機能が欠かせず、電話窓口が多い場合はIVR機能(発信者に対して音声での案内を行う機能)が役立ちます。リース会社は多くありますが、リースされている電話の機種はそれぞれまちまちです。ビジネスホンの機能を把握すること、その上でリース会社に自社のニーズを伝えることが、ビジネスホン探しには欠かせません。