純製品と言う安心感

インク

長期使用にもつながる

コピー機・複合機の代表的なメーカーと言えば、真っ先に挙がるのがキャノンです。市場のシェアも高く人気があることが分かります。当然多くのオフィスで使用されていますが、当然消耗品も純正が用意されています。コピー機・複合機は精密な機器ですので、部品が一般に販売されていることはありません。メーカーやキャノンの販売代理店が部品の在庫を所有し、必要に応じて供給してくれます。ですが、トナーについてはサードパーティ製のトナー品が多く出回り、金額も安く購入することが出来ます。日々の経費を少しでも浮かせたいと考えた時、サードパーティー製を使用したくなることでしょう。ですが、使用する機器は精密な機械です。メーカーが提供している消耗品以外を使用すると、誤作動や破損につながることも考えられます。それはどの機械にも同じことが言えると思います。一般的にキャノンのコピー機・複合機は購入と同時に保守へ加入します。保守のプランや金額は色々と種類はありますが、その保守に加入することで日々安心して使うことが出来ます。純正品以外を使用して壊れた場合、保守の範囲での修理が適用されない場合も十分に考えられます。キャノンのブランド力と安心感がトナーにも詰まっています。純正品を使用することで、定期的に保守を受けることが出来て、その結果として長く使うことも十分に可能です。トナーもキャノンの純正品を選ぶことで、コピー機・複合機を長く使うことが出来ます。