オフィスの経費削減を

インク

プリンターのコスト見直し

オフィス内のコスト削減は、どの業種でも悩みの種でしょう。業務の円滑化を進めるうえで、OA機器の導入は必須ですが、ランニングコストを考えるとどうしても二の足を踏んでしまいがちです。多様化する書類を迅速に出力するためには、プリンターの導入が欠かせません。しかし、プリンター設置後のコスト問題としてトナーがあります。そこで、業務拡大とコスト削減を両立させるために、キャノンのプリンターを例にとって見てみたいと思います。キャノン製のプリンターは、業務用では主にレーザーが主流となっています。レーザープリンターの利点としては、印刷速度の速さと印刷面のきれいさが挙げられます。しかし、デメリットとしてはトナーカートリッジが高価であることです。1本のトナーで、平均3000から5000枚の印字が可能ですが、1本あたりの価格も2万円前後と決して安価ではないのが現状です。プレゼン資料などカラー刷りや大量印刷であれば、かなりのコストが膨らむことが容易に想像できます。そこで、コスト削減のために、キャノンではトナーのリサイクルを行っています。キャノン公式サイトから、使用済みトナーの回収を依頼し新しいトナーを注文することで使用済みトナーにインクを最充填したリサイクルトナーを使用することができます。そうすることで、印字枚数はそのままにトナーの販売価格は3割から5割減と、大幅にコストカットすることができます。もちろん、純正リサイクル品はプリンターとの相性はもちろん、動作保障もあり安心して使用できます。